女性

突発性難聴という病の正体|症状を要チェック

急に起きる難聴の治療

耳

早い段階で耳鼻科を受診

突発性難聴とは、何の前触れもなくある日突然耳の聴力が落ちて聞こえにくくなる症状です。多くの場合は片方の耳に発症することがあり、耳鳴りもすることがあります。通常めまいは起きにくく、めまいがある場合は別のメニエール病などが疑われることがあります。突発性難聴は、とにかく早い段階で耳鼻科を受診する必要があります。一度落ちた聴力は、適切に治療をしなければ元の状態に戻らないことが多く治療が遅れると聴力が落ちたままになってしまう可能性があるからです。症状が起きてから二日から三日、遅くても一週間以内に受診して治療が始められれば回復することが出来るでしょう。治療は主に薬によって行われ、毎日規則正しく服薬することで治すことが出来ます。

再発に気をつける

突発性難聴は、基本的には一度発症すればその後発症することはないと言われていますがもう片方の耳に起きたり同じ耳でも再発する可能性はあるので注意が必要です。原因不明の場合が多いですが、毛細血管の血流が悪くなることで内耳にうまく血液が届かずに機能不全に陥るという説やウイルス感染による影響が強いと考えられています。しかし、その他にもストレスなども原因として考えられるので規則正しい生活を送りなるべくストレスがないように過ごすことも大切です。突発性難聴は、早めに治療が始められれば予後が良いので症状に気付いたらすぐに耳鼻科を受診して生活習慣も改善していくことで病気になりにくく耳の健康を維持することが出来ます。

早めの受診で回復させよう

女医

新宿の耳鼻咽喉科では、風邪による難聴や耳鳴りだけでなく、内耳の不具合からくる難聴に対して早期治療を呼びかけています。突発性難聴やメニエール病は発作的に繰り返す場合もあり、軽度の症状の時に治療することで聴力の回復する可能性が向上します。

詳細へ

レンタルでお得に使おう

女の人

人の話しが聴き取り辛くなったりしたら病院で診てもらう必要がありますが、聴覚障害と診断されたら補聴器を付ける必要があります。ただ補聴器はけっこう高いのでその点を心配している人がいますが、それをレンタルしているお店が沢山あるので心配をする必要は全くないです。

詳細へ

自分に合ったものを選ぼう

男性

難聴になり聞こえにくくなると、自分も周りもストレスを感じてしまいます。まずは耳鼻科に行き、自分の聴力を知ることが大切です。その上で、自分に合った補聴器を選ぶようにしましょう。補聴器の選び方は、自分の聴力や生活スタイルによって変わります。専門店に行き、適切な補聴器を選びましょう。

詳細へ